キャメルシュリンプの繁殖 過去の記録

サイトを作り直していますので、残しておきたい過去の記録(今回は去年の記事)を簡略化して載せたいと思います。

 

キャメルシュリンプはサラサエビ科の一種で和名はスザクサラサエビです。

体型には雌雄差があり雄の方が胴体と比較して鋏脚が大きいようです。

 

既に他者のウエブサイトに幼生の育成に成功した記事が記載されております。

 

キャメルシュリンプ「3/31幼生」の記録

撮影日 2015/4/1 キャメルシュリンプ幼生 孵化から1日経過

抱卵から2週間ほどで孵化し水中に幼生が放たれます。

孵化直後の幼生の体長は2ミリほどと思われます。

 

撮影日 2015/4/11 キャメルシュリンプ幼生 孵化から11日経過

写りが悪く見えにくいですが孵化から11日目の様子です。

今回は最後に生存確認できたのが2015/4/14となり、生存日数は14日間という記録になりました。

手法を変えてまた挑戦したいと思います。

 

ではでは。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です